とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

標準治療それとも民間療法、治療法としてはどちらが正解。

そもそも、どうして治療法で迷ったりするのでしょう。そこにはやはり標準治療で使われるステロイドの存在が大きいと思います。

標準でありながら標準になりきれてないのは、ステロイドに対する誤解であったり、昔の医師が患者に正しい使い方を、上手く伝えることが出来ていなかったからだと思っています。

自分の経験から言える事ですが、ステロイドの使い方を十分にされていなかったこと、それと炎症に対する薬の分量が圧倒的に少なかった事が思いあたります。

全ての皮膚科がそうだったとは言い切れませんが、少なくとも僕が通っていた数件の皮膚科では、そうだったと記憶しています。

使い方よりも分量の方が重要だと思いますし、何度かは医師に薬がたらないと伝えた記憶がありますが、薄く伸ばして塗るように指導されました。

これでは治るものも治らないと思いますし、どうしてそれほど薬を出し渋ったのか? わけはいろいろありそうですが、患者が民間療法に流れるのは、単純に当時の医師が招いたことだったのかも知れません。

どちらが正解なのかについては、正直どちらとも言い切れませんが、標準治療であるべきだと個人的には思います。

しかし、どちらが正しい治療なのか? というより、最終的には患者が自分の納得がいく治療をうけるのが全てではないでしょうか。