とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

中度から重度の患者が必ず迷い込む治療法ループ現象について

中度から重度のアトピーを経験した人なら、必ずと言っていいほど迷い込みがちな治療法ループ現象。

僕ももちろん経験していますが、どの治療法が正しいのか? 永遠とアトピーを治す方法を探し続け、最終的に標準治療に戻ったりを繰り返す現象。

ドクターショッピングになるのも、これとよく似ています。しばらく同じ皮膚科に通うも治らず、だから違う皮膚科を探そう、みたいに、これは誰もが経験するんじゃないでしょうか。

どうしてこのようなことになるのでしょう、それは標準治療でアトピーが治らないからではないでしょうか。

もう一つ思いあたる節があるのですが、「治る」の解釈が違うからではないでしょうか。

患者はアトピーを治したくて皮膚科に行くのですが、皮膚科ではアトピーの症状である、炎症を治す薬を処方するだけで、アトピーの本質へアプローチがないし、そもそも確立されていない。

これが問題だと思うのですが、ある意味しかたがないのかもしれない。患者は治したいけど、治す方法がないわけだから、治す方法を自分で探すしかない。

けど、探しても治す方法が見つからないので、結局は標準治療に戻って来るしかない。これを永遠と繰り返してしまうのを防ぐには、、、、

単純にアトピーの症状である、炎症だけを治す治療法ではなく、アトピーの本質的な部分、根っこからアトピーを治す治療法を確立してもらうしかないのではないでしょうか。