とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

ネットでアトピーの治しかたあるけど結局治らない件

たぶんアトピーの人はネットで治しかたとか、治療法について検索すると思いますが、だいたい大した情報がないでしょう。

そもそも、そんな簡単に治し方が見つかるようだったら、すでに病院の治療法として確立されている、と言うことになりますよね。

なぜ、あなたはアトピーの治し方を探すのですか? こうなるのですが、いやいや実は皮膚科に通ってるんですが、なかなか治らなくて自分で探してるんですよ。

となるのです。

これは、僕も経験してることなので、非常によく分かるのですが、標準治療をしても多くの人は、自分の納得した治療を受けれてないんじゃないんですか? ってことなんですよね。

そうでないとネットで検索する必要ないですよね。

ある皮膚科の先生が書いてるブログで、アトピー患者の大半は標準治療で治るのに、どうして一部の人は民間療法に移行するのか? みたいに書かれてました。

答えは簡単です。それは標準治療で治ってないからですよね。

病院側は、しばらく通院してこなくなった患者のことを治ったと思ってるだけじゃないんですか? ってことなんです。

こなくなった患者の大半は、他の皮膚科に行ったか、ネットで探した民間療法に移行してるんですよ。

そもそも、病院側はこなくなった患者が確実に完治したのか? 他の病院や民間療法に移行していないか? 全員に連絡して調査したんですか? って話しです。

少なくとも僕は、通ってた皮膚科から連絡を受けたことがないし、アンケートを書いたこともありません。

そんな状況でホントに治った人の割合とか把握できてたのでしょうか? このように思う今日この頃。