とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

あなたの副腎からは副腎皮質ホルモンが出てますか?

だいたいアトピーの人は知ってると思いますが、副腎皮質ホルモンってありますよね。あれは結局は体内から出るステロイドなわけで、外用で使ってるものと同じもの。

まあ体内で作られたものと、それを応用して科学的に作られたものと言う違いはあると思いますが、基本的には同じものと考えていい。

アトピーの人はその副腎が疲労することによって、ステロイドを上手く生産できないとか、ホルモンを出すことができないとか聞いたことがあります。

医学的根拠があるのか? は知りませんが、その副腎疲労が本当なら、副腎を治す必要があると思いますし、副腎を検査する必要がありますよね。

これが何処から出た情報なのかは知りませんが、副腎が機能してなくてアトピーが出ているなら立派な原因だと思うので、治療しなくてはならないわけですよね。

ところか副腎の検査をしたとか、治療をしたとかも聞いたことがないので、それが本当にアトピーに関わることなのか? なんか違うような気がしますね。

冷静になって考えてみると、副腎が正常でホルモンがバンバン出てるとして、それでもアトピーの症状は出るんでしょってことなんですよ。

副腎が正常だからアトピーの症状が出ないというのはどう考えてもおかしいですよね。

だって副腎で作られてるホルモンは、ステロイドなわけで、それはアトピーの症状を治す効果があるホルモンなのですから、症状がでた後の話しなんですよね。

ステロイドがアトピーを発祥させないわけではないでしょ。

だから副腎疲労だからアトピーになると言うのは、つじつまが合わないですよね。

これは僕の思いこみかも知れないので、無視してくれていいのですが、ここまで読んでくれた人は、本当にありがとうございます。