とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

腸を治せばアトピーは治る、これが業界の常識です

腸とアトピーの関係については、よく知られてる事だと思いますが、やはり免疫との関わりがある以上、切っても切れない関係でしょうね。

でもこれは、一般的な皮膚科では一切語られることはありませんし、この事を全面に押し出してくるのは、民間療法ではないでしょうか。

でも実際は腸がどう悪いのか見えませんし、食生活の改善や善玉菌を増やす努力をしても、腸がどのようにどこまで良くなったか分かりません。

だから、やりがいというかゴールが見えないので、いつまでやればいいの? みたいな気持ちが芽生えるわけですよ。

腸の改善を目指そうとすると、それなりの食費やサプリ代が必要になるので、いつまでこれを続けるのか? 現実には経済的な問題があるのですよ。

いくらでもお金を注ぎ込める人は、それでいいんですが、多くの人はどこにお金をつぎ込むかを選択しなければならないわけです。

なので、アトピーを治したい気持ちがあっても、なんでもかんでもは出来ない現実があるのです。

出来れば僕も続けて飲みたいサプリもあるんですが、経済的なわけで飲むのをやめました。

でも、出来る範囲内で食生活を改善していますし、腸内環境はそれほど悪くないと自負しています。

腸の改善でアトピーが治ったとか、よく聞く話しではあるのですが、それも人によるのではないでしょうか。

実際はこれで全てのアトピー患者が治る訳ではありませんし、一定の効果が認められるだけだと思います。

アトピー患者は、免疫や皮膚のバリア機能が低下しているのがわかっていますが、皮膚だけ治しても腸だけ治しても治らないわけですね。

アトピーの原因と思われるところを、少しずつ潰して行くしか無いのかも知りませんね。