とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

脱ステすればアトピーは治る 標準治療の価値はない?

アトピー患者が最終的に行き着くところ、これが脱ステではないでしょうか。これは僕も経験していますし、標準治療が長引くと、せざるを得なくなるのが実情ではないでしょうか。

ただし勘違いしてはならないのが、脱ステしたらアトピーが治ると言う錯覚だと思います。確かに辛い離脱症状が過ぎれば、ステロイドなしで日常生活は送れます。

その前に自分がどうしてアトピーになったのか? これを考えてもわかる人は少ないと思いますが、わかっているのは、ステロイドを使ったからアトピーになったわけではないと言うことです。

つまり、脱ステをしてもステロイドを使う前の症状に戻るだけと言うことになります。これは僕自身が経験したことであり、考えが甘かったところです。

ただし、脱ステをすることで本来の治癒力を取り戻し、治る可能性はあると思いますし、それでアトピーが治ったと言うのもよく聞く話です。

ただ僕の場合は脱ステでは治らず、再びステロイドに戻ったわけですが、今思えば、食生活や栄養面を工夫していれば治っていた可能性は高いです。

一般的には脱ステや脱保湿で治ると言われていますが、そう言う人たちも食べ物や腸内環境など、さまざまなアプローチを同時進行していて、ステロイドを使わなくなっただけで治った訳ではないと言う事です。

やり方は人それぞれだと思いますが、アトピーを改善して普通に生活するのは可能です。しかし、免疫系の部分は治ることはないので、アトピー素因は持ち続ける事になるでしょうね。