とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

アトピーの気持ちはアトピーにしか分からないって話し

昔、皮膚科に通ってたときに、思っていたことを思い出しまして、ちょっと書いておきたいと思います。

それはアトピーの気持ちはアトピーにしか分からないって事。医師はアトピーについて勉強してると思いますが、所詮はアトピーの気持ちまで理解できません。

とにかく昔はインターネットがないので、アトピーが何であるか? 調べる手段がありませんでした。繰り返す皮膚炎がどこまで続くのか、不安な日々が続いていたのです。

本屋でアトピーについての本を探したりもしましたが、それに関する本を見つけ出すことは出来まさんでした。

皮膚科の医師から聞いていたアトピーに関する唯一の情報は、「大人になったら治る」からでした。

しかし、実際は大人になっても治らなかったのです。それでは医師が嘘を言ってたの? となりますが、そうではなく、実際は大人になると治る人もいれば治らない人もいるのだと思います。

アトピーの場合は、こうすればこうなると言うのが患者によって異なるし、同じ答えが返ってこないことも多いと思います。

話しがそれてしまいましたが、例えばアトピー患者の痒みですが、健康な人の痒みとは度合いが違うのではないでしょうか?

僕はこのように思っていて、医師が患者の痒みの度合いを理解しているのか? と思ったり、日々の生活での辛さを理解してるのか? とよく思っていました。

今の時代とは違ってアトピーのことをまったく知らない患者にステロイドを出し続ける治療は、今の僕に言わせれば残酷としか思えません。

アトピーの治療はアトピー経験者である医師が望ましいのでは? と思った話しでした。