とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

アメリカにあって日本にないノンステロイドの治療薬

アメリカでは、4年ぐらい前にアトピーの新薬が登場したようで、それがノンステロイドでありながら、ステロイドに並ぶほどの効果が得られるそうです。

ポイントはやはりノンステロイドですよね。これはもしかすると将来的にはステロイドと立場が入れ替わる存在なのではと思います。

この新薬はEUCRISA(ユークリサ)と言うんですが、問題が一つあります。それは価格が非常に高いので、とても一般人には無理な価格です。

例えば日本人がEUCRISA(ユークリサ)を手に入れるには、アメリカの病院で処方してもらうか、個人輸入するかのどちらかです。

どちらにしても価格が高いのですが、個人輸入代行業者にお願いした場合の料金は、60gで13万2,000円となっていました。

症状が酷い人なら60gだと1ヵ月も持たないぐらいの量だと思いますし、ノンステロイドだとしてもアトピーの場合は、再発すると思うので継続して購入することになると思います。

いくら使える薬とは言ってもこの価格では、ちょっと現実的ではありませんね。

日本でもこのような患者に優しい新薬が開発されればいいのですが、これが日本で安く販売されたなら、たちまちステロイドは売れなくなるでしょう。

そうなってしまうと、ステロイドを販売している製薬会社の売上が激減するだろうし、いろいろあるかもしれません。

患者からすれば関係ない話しですから、とにかくアトピー患者が楽になれるように考えて欲しいものです。

新薬なので10年、20年使った時の副作用まではわかってないと思いますが、アメリカは素晴らしい薬を開発したと思いますね。