とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

脱ステを推奨してる皮膚科もある、それについて思うこと

昔の皮膚科と言えばステロイドを軸とした標準治療が一般的でしたが、最近は脱ステを軸にした皮膚科もありますね。

とてもいいことだと思いますし、一部の人は標準治療で対応できない事が理解されてきたからだと思います。

確かに標準治療で治る人もいると思いますが、それでは治らない人に標準だからと言って押しつけられても、正直に言いまして迷惑以外の何者でもありません。

アトピーと言いましても患者によって症状はさまざまなので、その患者に応じた治療が必要だと思いますから、いろんな治療法があってもいいと思います。

また、人には性格もありますので、どうしてもステロイドは使いたくない。こんな人もいます。そんな人たちが選択できる脱ステの治療を病院で受けられたら、民間療法よりも安心できるでしょう。

アトピーの治し方は、必ず標準で無ければならないわけではありません。実際に民間療法であったり、患者自身が工夫して自分で治したと言う事例がやまほどあります。

一番大切なのは治ることであって、どの治療で治るかではないのです。

医師に言わせれば標準治療で治るのに、どうして民間療法なんかに手を出すのか? このように思うかも知れません。

でも、わけもなく多くの人が民間療法に移行するのは考えにくいですよね。いくら鈍感な人でも何かわけがあると気づくと思います。

上手く言いくるめられて民間療法に移行してしまったとでも思うのでしょうか? 言いくるめられる前に標準治療に疑問を抱いているからではないでしょうか。

その疑問の部分を穴埋めできるまでは、いままでもこれからも変わることがないと言うことです。