とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

もしもステロイドがこの世になかったら? 僕が思うこと

ステロイドで失敗する人は多いと思います。僕も失敗はしてきたのですが、本質的に特徴を理解してからは、使い方しだいだとも思っています。

今日はこのステロイドがこの世になかったらについて書いてみたいと思います。

使ったことがある人は、この薬の効果がハンパないことをご存知かと思います。初めて使ったときは驚いたことでしょう。

そうです。薬としての効果は他にないほど効くのですが、使い方が非常に難しいですよね。たぶん、特徴を理解しないで使いだすと、ほぼ全員失敗すると思います。

また、お子様がアトピーで親がステロイドの管理をする場合も失敗しがちだと思います。

なぜならステロイドは、始めから計画的に使う必要があるからですね。

何の知識もなく使い始めると、何処かで治らないことに気づくのですが、その時には後戻りできなくなっています。

それほど使い方は難しい薬です。

多くの人が脱ステを選択するのは、ただステロイドを使っていただけで、何の計画もなかったからに他なりません。

もちろん、この誤ちの責任は薬を使っていた患者にあるのではなく、薬を提供してる側にあると僕は思っています。

これだけ難しい薬を提供する側が、詳しい使い方の説明もせずに、薬を提供し続けるのは問題だと思っています。

これだけステロイドに苦しめられるなら、始めからなかったら良かったのにと思う人もいるでしょう。

でも、薬には何の罪もないのです。ただ、このステロイドとアトピーの問題は、提供側の売りっぱなしが悪かったのだと思っています。