とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

肌を掻き壊さないようにする対策を40年の経験から導く

アトピー の人で肌を掻き壊さない人、これはいないと思います。ある意味これが最大の悩みになるかと思います。

ある程度の我慢、これは起きている時なら可能なんですが、無理なのは眠っている時なんですよね。

f:id:mle01204:20200625140209j:plain

アトピー の人は無意識に掻きむしるので、これが厄介で長年の経験からも解決できてない課題とも言えます。

僕の経験から言わせてもらえば、搔かないようにする事は無理なので、ダメージを最小限にすることしか出来ません。

掻き壊すダメージを最小限にする対策としては、3通りぐらいあります。

ひとつはステロイドや痒み止めの薬を服用するなど、定番ですが痒みが起こらないようにして掻き壊さないようにする方法。

しかし、これはアトピー の人なら知ってることだと思いますし、あまり望まないと思いますので、あとの2つについて話していきます。

ひとつは手袋をすること、これはアマゾンなどの通販サイトで販売されている搔かない手袋をして眠ることです。

そして最終的に行き着くのは、単純だけど意外に効果的な爪をヤスリで徹底的に手入れすることです。

なんだ、そんなことかと思ったかも知れませんが、毎日ヤスリで爪を研ぐことで、掻き傷を最小限にできます。

どうしても、搔かないようにする方法に目が行きがちなんですが、眠っている時に搔かないようにする方法は、残念ですがないと思います。

それなら掻くことを前提として、掻いてもキズが最小限になるように、爪研ぎ職人になることです。

爪切りにヤスリが付いていると思いますが、あれは少し目が荒いので、できればマイ爪ヤスリを購入する事をお勧めします。