とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

ドーパミンがアトピー を抑制するらしいけど何か?

またまた、何処からそんな情報を引っ張ってきたの? と思われたと思いますが、これは事実ですよ。

ただ、先に言っておきますが、抑制に期待をしてはいけません。抑制とは、暴れ出さないように抑え止めることとあります。

f:id:mle01204:20200731214543j:plain

つまり、あくまでも一時的に抑える効果が認められたと言うだけで、患者にしてみればそれほど大きなメリットがないと思います。

抑制の代表と言えば、あの免疫抑制剤が思い浮かびますが、探せばいろいろ見つかると思います。

ただ、それらを探すことでアトピー の解決にはならないと思いますし、知識として知っておく程度で十分かなと思います。

ところでドーパミンですが、そもそもドーパミンは何なのかと申しますと、いわゆる幸福感ややる気を出してくれる神経伝達物質です。

そのドーパミンが分泌されるとどのような状態になるのか? それは集中力がアップしたり、気分が高揚してポジティブになります。

それはわかったけど、どうすればドーパミンが分泌されるかですよね。

そうするにはいくつかの方法がありますが、自分にとって比較的達成できそうな目標を立てて達成できた時や、ワクワクしそうな事に取り組んだ時などです。

また、運動もそうですが、これでアトピー と運動との関係を説明できると思います。

ただし、アドレナリンは出し続けることはできませんし、出ていない時は抑制できないわけですから、この時点で限界が見えると思います。

あくまでも抑制は一時的なことで、アトピー を治すと言う根本的な部分には程遠いことがわかります。