とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

治そうと言う気持ちが出てからがアトピー 治療は始まる

とにかく治そうと思ってからがアトピー は改善していくので、意識が大切だと思います。

どの状態まで治ったら治ったと言えるのか? ちょっと微妙なところもありますが、アトピー は治らないと思ってる人は多いと思います。

f:id:mle01204:20200815105559j:plain

どうしてそうなるのかと言うと皮膚科でステロイドを処方してもらい、それを塗っているだけだからだと思います。

ステロイドには使い方があって始めから計画的に使う必要があるので、ただ塗っているだけでは治らないのです。

ただ塗っているだけでは再発を繰り返し、本来ならランクを下げていかなければならないところを、反対に上げなくてはならなくなります。

まだランクを上げることができるなら、しばらくは大丈夫ですがランク5以上はないので、最終手段の脱ステに踏み切らざる追えなくなります。

昔は多くの人がこうなりましたが、今はもうこうなる情報が出回っているので、こうならないような皮膚科を選ぶと言う選択肢もあると思います。

アトピー を本気で治すには専門的な病院を探すか、普通の皮膚科に通うならステロイドを上手く使いながら、徐々にランクを下げる工夫が必要だと思います。

しかし、それを自分で管理しながら達成するには、何度か失敗するほど難しいことです。

その皮膚へのアプローチをしながら、食事や習慣の見直しとサプリの活用など、自分で探りながら時間をかけて改善を目指すしかないと思います。

とにかく大切なのは治そうと本気で思うことです。そう思うことで無意識に試行錯誤しながら、最終的にには自分なりの答えを見つけ出すことが出来ると思います。