とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

アトピー患者の人たちに悲しいお知らせがあります。

日本でのアトピー 人口は年々増えている傾向にあります。また、これからも増えていくだろうと予想されています。

どうして増えていくのかについては、いろいろ推測はされているものの、コレと言い切れる理由は確定出来ない状況にあります。

f:id:mle01204:20200912150132j:plain

それでは、どうしてアトピー 患者に悲しいお知らせがあるのかについて話していきたいと思います。

ズバリ短命である可能性があります。しかし、これはデンマークによる調査ですし、もう20年ほど前のことです。

古い情報ではありますが、おそらく健康な人よりは短命なのかな? と思っています。

調査によるとアトピー で入院した患者は、健康対照者よりも平均8.3歳短命であったようです。

どうしてアトピー 患者の寿命が短いのか? と考えた場合に思うことは、やはりステロイドなのかなと想像してしまいます。

このステロイドについての話は、あくまでも想像なので、調査されたことではないのですが、誰しもそう考えるのではないか? こう思います。

他にあるとしたらアトピー そのものが短命になると言うことかも知れません。

とにかく、身体に負担をかけると短命になると言うイメージはあるので、アトピー で負担がかかったとも思います。

よく言われるのが、相撲取りやアスリートは短命であると言うことです。

あくまでも平均での話なので全員ではありませんが、無理をするとそれが寿命に現れると言うことではないでしょうか。

とは言え、アトピー で入院した患者が対象の調査なので、みんながみんな悲観することはないのかなと思いますね。