とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

日本人がたよるアメリカで有名なアトピー の医師

前に書いたことがあるのですが、一部の日本人はアメリカにまでアトピー 治療に行っていたと言う話です。

どうしてそうなるのか? わざわざ外国にまで行く必要があるのか? と思った人もいるかも知れません。

f:id:mle01204:20201017080728j:plain

日本でアトピーが治らない人が多いのは、処方箋を患者にわたすだけの皮膚科が多いからだと思っています。

ようするに患者は処方箋をもらって薬局でステロイドを買い、我流でステロイドを使っているから治らないと言うことになりますね。

アメリカにまで治療にのぞんだ人も、それなりに国内で出来ることはやったと思いますし、最終手段だったのかなと思います。

そこまで患者を追い込んでしまう日本の体制はどうなのかなと思いますし、外国を見習うことは出来ないのかとも思います。

そして、わざわざアメリカにまで治療に行って治らないのならアトピー は複雑としか言えませんが、だいだい保湿でコントロール出来る状態で帰ってくるようです。

どうしてそれが日本では出来ないの?

それは今言っても仕方ないですが、その多くの日本人を治した有名な医師が誰だったのか忘れていましたが、検索して探しだしました。

それがドクターマセソンです。

渡米する日本人は彼の治療を頼って保湿でコントロール出来る状態で帰ってきます。

何か特殊な治療をしているのか? そうではなくステロイドを使って、患者に応じた治療をしているからです。

これが治療であって日本で行われているのは薬を売ってるだけと言うことです。

薬局にはアトピー は治せないと僕は思っています。