とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

アトピー については答えがないこともあっていい

アトピー は調べれば調べるほど複雑ですよね。何が原因で何処が悪いのかがわかれば、対策も立てることが出来るのにと思います。

アトピー になるとほとんどの人が皮膚科からスタートすると思いますが、処方されたステロイドを塗って治ったと思ってもしばらくすれば再発。

f:id:mle01204:20201025114713j:plain

そして再びステロイドを使って治まって再発、何度か繰り返しているといつまで続くのか不安になって、ネットでアトピー 情報を検索。

するとステロイドは対処療法で治らないとか、皮膚科では説明されなかった副作用などについて知ることになります。

そしてステロイドは危険だから脱ステしようと試みる、もちろんそうなるとステロイドのリバウンドで身動き取れないほと悪化します。

僕の時代はネットがなかったので少し違いますが、まさにこのような経験をしてきました。

どうしてこうなるのか?

こうなるわけは通った皮膚科で治療を受けておらず、ステロイドを処方してもらっているだけだからと個人的には思っています。

結局、ステロイドは普通に塗るだけでは治らないので、正しい使い方で保湿でコントロールできるまでもって行くことが重要になってきます。

でもステロイドを処方され我流で使っていると、そうはならないのでステロイドは治らないとなって脱ステに挑みます。

また、脱ステが治療法のような錯覚する人もいるかも知れませんが、ステロイドをやめるだけでは、ステロイドを使う前に戻るだけです。

その他、さまざまなアプローチがないと脱ステしてもスッキリしないまま、最終的にステロイドのお世話になると思います。

こうならない為にはアトピー 専門の有名な病院に行くか、自分でやるなら正しいステロイドの使い方を身に付けるしかないと思います。