とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

手洗いやアルコール消毒で手荒れに悩まない方法

コロナの第三波の影響もあって、手洗いとアルコール消毒が欠かせない中、ちょうど乾燥する季節と重なって手荒れに悩む人が増えているようです。

手荒れまたは主婦湿疹とも言われますが、なぜなっているかはわかっていても、手洗いと消毒を止めることが出来ない状況です。

f:id:mle01204:20201115090435j:plain

こんな時に自分が手荒れに悩まされた場合を想定して、どのように対処するかをイメージしてみました。あくまでもアトピー 患者の個人的な考え方なので注意して自己責任でお願いします。

アトピー 歴40年以上の僕なら迷わずステロイドをたっぷりと使います。

さまざまな炎症を自分の判断で克服してきた経験から、まずは皮膚科で相談してストロング以上の強めのステロイドを処方してもらって3日〜5日ぐらいでピカピカにします。

もちろん、ピカピカになっても手洗いと消毒を続ける限り、保湿をしているだけでは1週間もすれば再発する可能性があるので、またステロイドを使う繰り返しになると思います。

これはコロナが収まって手洗い消毒の頻度が減るまで続く可能性が高いと思います。

ここでみんな気になるのがステロイドによる副作用だと思いますが、アトピー 歴40年以上のうち約30年のステロイド経験からこのような使い方だと、なかなか副作用は出ないと思っています。

それよりもみんなやりがちなのが、副作用を恐れて弱いステロイドを処方してもらったり、市販の手荒れ薬でダラダラやってると長期戦になるので、スッキリ治らないまま薬が効かなくなって行きます。

個人的にはこちらの方が深刻だと思いますし、このあと強いステロイドを使わざるを得ない状況になるので、それなら先に使っている方がいろんな面で楽だと思います。

ステロイドを警戒する人は、このような状況に陥りやすいと思いますが、けっけょく自分が苦しむことになるので、客観的に考えて判断してほしいと思います。