とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

なぜデュピクセントは全ての患者が受けれない?

デュピクセントが新薬として登場してから、もうすぐ3年が経とうとしています。

そろそろ、何らかの副作用や効果がどれほどのものか、デメリットなども明らかになってきそうです。

f:id:mle01204:20201114105300j:plain

副作用については結膜炎ぐらいで、深刻なものは確認されてないようですし、アトピー が酷い人にとっては結膜炎のリスクをとってでもデュピクセントを使う価値がありそうです。

これが全てのアトピー 患者が受けられるならいいですが、血液検査や標準治療の実績その他病院による基準をクリアした人でないと受けられませんし、結構な治療費が必要です。

もちろん、何処の病院でも受けれるわけではありませんし、アトピー 専門の病院または大きな総合病院などになるようです。

しかし、アトピー が重症の人にとっては、間違いなくデュピクセントを使う価値はあると思いますし、僕なら迷うことなく受けていると思います。

気になる人はYouTubeで検索すると、デュピクセントを使った人の体験談が見つかるはずです。

かなり、多くの方が大幅に改善されていますが、デュピクセントが効かない人も少数派だけどいるようです。

これが全てのアトピー 患者が受けられる治療であるならいいですが、そうできないのは薬価の問題があるようです。

デュピクセントの薬価を検索したら、398,136円と出てきました。患者は保険を使うので、こんな額にはなりませんが、国が負担する額が大きいですよね。

全てのアトピー 患者がデュピクセントを使ったら、国の負担額が凄いことになるのはイメージできると思います。

どうやらそれが基準を設けられているわけのようですね。