とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

糖蜜含有酒粕エキスが黄色ブドウ球菌を抑制

アトピー 患者の皮膚には黄色ブドウ球菌が多いことが知られていると思いますが、それを抑制する成分が発見されたようです。

今までも黄色ブドウ球菌を殺菌するアトピー 治療として強酸性水などが使われてきましたが、それでは他の常在菌も殺菌されるのが問題でした。

f:id:mle01204:20201121082218j:plain

人の肌にはさまざまな常在菌が存在していますが、それらがバランスよく存在することで、肌の健康が保たれてれいると考えられています。

つまり、強酸性水で黄色ブドウ球菌を殺菌したところで、肌の常在菌のバランスは保てないので、結果的には肌の健康を保てないと言うことになりますね。

常在菌は人の皮脂をエサにしているので、手洗いやアルコール消毒により皮脂が落とされてしまうとエサが無くなった常在菌は、そこで暮らせなくなると言うことでしょう。

そうなると手荒れになりますし、からだの場合も考え方は同じです。

なるべく皮脂を洗い流さない洗い方がいいと言うことで、タモリ式入浴法が推奨されるのも、こんなわけからです。

ところが桃谷順天館グループが糖蜜含有酒粕エキスを配合した化粧水を使って実験したところ、黄色ブドウ球菌を減少させてなおかつ常在菌のバランスを保つことに成功したそうです。

確かにアトピー 患者は黄色ブドウ球菌が著しく多いことが確認されていますが、それが根本的な原因だと確定しているわけではないと思います。

アトピー の症状を抑制する方法はたくさんありますが、病名の意味が「奇妙な」とか「とらえどころのない」と言うように医学的にも原因が特定されず、さまざまな要因が折り重なって発祥する病気と言うことです。