とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

誰も知らなかった自律神経を整える唯一の裏技

アトピー は副交感神経が優位な状態で発祥すると言われていますが、そうならないようにするにはさまざまな方法があります。

最近は自律神経の働きが数値化できる技術もあるようで、より明確な答えが出るようになったようです。

f:id:mle01204:20201129084217j:plain

確かにアトピー が悪化しているのは、僕の経験からも眠っている時に掻きむしって悪化することが多かったです。

最近は自律神経の研究も進んできまして、疲れとの深い関わりが数値で示されたようです。

しかし、疲れたら自律神経が乱れることがわかっても、日常生活や仕事で疲れをコントロールすることは難しいことだと思います。

また、アトピー の人は自律神経が乱れている傾向は確かにありますが、それを整えることでアトピー がどれだけ改善されるかは? 不明な部分が多いのではと個人的には思います。

ところが自律神経と言うのは意外と単純なようで、働きが一番低下するのは1週間のうち木曜日なのだそうです。

そう言えば木曜日ぐらいになると徐々に疲れが溜まってきて、気分的にも疲れを実感するころです。

しかし、金曜日になると本来ならもう少し疲れが増しているところが、自律神経の数値は回復するのだそうです。

これはどう言うことかと申しますと、単純に明日は休みだと言う思考が自律神経の働きを向上させるのだそうです。

病いは気からと昔から言われますが、まさに自分の思考次第で自律神経の働きはコントロール出来ると言うことになります。

逆に悪い疲れと言うのは自律神経のバランスが乱れた状態なので、上手く思考を活用して疲れを軽減することができるそうですよ!