とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

ステロイドはいつから使われているか知ってる?

日本でステロイドが使われ出したのは、1954年からだそうです。もう60年以上もアトピー の治療薬として活躍しています。

しかし、このステロイドがアトピー を難治化してきたと言う側面もありますし、これを長いあいだ使ってきた僕も複雑な気持ちです。

f:id:mle01204:20201213103905j:plain

日本でステロイドが使われる前までは、35歳以上でアトピー の人が稀だったそうで、ステロイドの普及によってアトピー が長引くようになったのは明らかです。

また、ステロイドが使われ出した5年後には、ステロイドを使っても一時しのぎにしかならないので、使用を短期間にするか症状がどうしようもない時だけに使用するべきと言った医師もいたようです。

もうかなり昔からステロイドの特徴は医師の間で知られていたハズなのに、今でもステロイドは処方され続けて、使っているアトピー 患者は長期間の使用を余儀なくされています。

しかし、使い方には問題があると個人的には思っているものの、自分のアトピー 人生にもしもステロイドがなかったら、もっと苦労したかも知れません。

アトピー の症状をステロイド無しで治すとなると、その人の症状にもよると思いますが数ヶ月から1年は辛い思いを強いられると思います。

しかし、ステロイドがあれば普通に日常生活を送れると思いますし、使ってない時ほど辛い思いはしないと思います。

結局はアトピー 人生を太く短くするか、細く長くするかの違いなのかなと個人的には思います。

ステロイドについては賛否両論あると思いますが、僕にとっての結論は使い方が問題だったと言う事ですかね。