とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

脱ステロイドは自分でやっても治らない理由

アトピー を治すには皮膚科に通って標準治療を受けてください。とは、なかなか言いにくいのが自分の経験から思うことです。

アトピー を治すとは患者の観点からすれば、いわゆる症状が出なくなる状態をイメージすると思うので、それとはまったく違う答えが帰ってくるからです。
 
f:id:mle01204:20201219092158j:plain

標準治療を行うとステロイドによって炎症は抑えられますが、しばらくすると再び症状が現れてステロイドを塗る繰り返しを長いあいだ強いられることになります。

もちろん僕も含めて患者の視点からすると、治すと言うよりもズルズル長引いているだけのように感じますし、何か他に手段が無いか模索したくなってくるのですよ。

そこでネットでアトピー 情報を検索したりしてるうちに脱ステに関することやステロイドでアトピー は治らないと言う情報に惑わされてチャレンジしたくなるわけです。

脱ステとは単純にステロイドを使わないと言うことですが、ただステロイドを止めるだけでは、肌はゴワゴワで乾燥した症状が残るだけの人もいます。

ここが脱ステ派とステロイド派の分かれ目だと思うのですが、全ての人が脱ステでそうなるとも思っていません。

アトピー の症状は人によって軽い人から重い人までさまざまなので、ステロイドをやめて治ってしまう人ももちろんいるんですよ。

僕も脱ステではゴワゴワになった方なので、脱ステは勧めませんが、脱ステ脱保湿で治った人からすると、ステロイドを使うから治らないんですよ! となります。

とにかく治るか治らないかは人によりますが、脱ステするなら自己判断しないで専門の病院でやった方がいいと思います。