とあるアトピー患者の思うこと⤴

超ベテランのアトピー患者が自身の体験に基づいて思うことを書くブログ

食物アレルギーの克服の仕方ってあるそうですよ

アトピー とアレルギーの関係は知られていると思いますが、アトピー とアレルギーは別のものと言うのはご存知でしょうか?  

よくネットで目にするのがアトピー はアレルギーと言うのがありますが、もともとはアトピー の人がアレルギーを合併している場合があると言うことです。

f:id:mle01204:20201220100925j:plain

また、アトピー の人の肌はバリア機能が低下しているので、肌からアレルゲンを取り込みやすい体質であることは明らかです。

とにかく、その食物アレルギーについての話になりますが、このアレルギーを持つ人はアレルゲンである食べ物を食べれないと言うのが基本的な考え方だと思います。

なぜなら、アレルゲンである食べ物を食べると蕁麻疹や何らかのアレルギー反応が出ますし、最悪はアナフィラキシーショックで亡くなることもあると言います。

ですので、アレルゲンである食べ物は食べれなくて当然なのですが、アレルギーを克服すると言う意味で、ワザとアレルゲンを食べ続けると言う克服法があるのだそうです。

ただし、これは個人が自分の判断で行うことではなくて、病院で監視しながら何かあれば対応できる状況下で行うことなので、個々の判断では絶対にやってはいけないことです。

しかし、これは逆の発想と言うかワザとアレルゲンを食べることで体を慣れさせると言うのか克服できることが衝撃でした。

たぶん、食物アレルギーの人はアレルゲンの食べ物を絶対に食べないことが通説なので、日常生活のなかで自然に克服することはないのだと思います。

もしかすると昔は自然に克服していた人もいるのかも知れませんね。